フィリピン・マニラ旅行の費用はどれくらいかかるの?いくら持っていけばいいの?

どうも!
事務所での寝泊まりにも慣れてきたちゃんかん(@chankan_desu)です。

前回行ったフィリピン旅行ですが、実はカジノのおかげで実質はほとんどお金がかからなかったです。

バカラ必勝法のマーチンゲール法でフィリピン旅行がタダになったとかなってないとかの話

ただ、「フィリピンのマニラの旅行ってどのくらい費用がかかるの?」と知りたい方もいると思いますので、実際にかかった費用を全て公開します!

割と豪遊した方だと思います。フィリピン旅行にかかった費用を下記に一覧でまとめてみました。

項目 予約 金額
航空券&宿泊 フィリピン航空
プリンスプラザⅡコンドテル
59,800円
タクシー メータータクシー 2,000円(2,000PHP)
1日目夜ご飯 Fely J’s Kitchen 2,500円(1,200PHP)
クラブ Horizon 1,000円(500PHP)
夜遊び エドサコンプレックス 13,000円(PHP6,500)
ショッピング グローバルシティ(フォート・ボニファシオ) 400円(200PHP)
ショッピング SMモールオブアジア 400円(200PHP)
2日目夜ご飯 レッドスパイス(RED SPICE) 5,000円(2,500PHP)
カジノ オカダマニラ 0円
お土産 ニノイ・アキノ国際空港内 5,000円

フィリピンはとにかく物価が安いです。ちょっとした高級店でも、3,000円程度に収まります。日本の4分の1程度です。

なので、結論を言うと30,000円あれば十分(航空券&宿泊を覗く)です。

色々体感してきたので、それぞれの項目を細かく見ていきます。

フィリピン航空&プリンスプラザⅡコンドテル【宿泊&飛行機】

航空券とホテルは知り合いの旅行代理店の人に組んでもらったので合計の金額になっていますが、おおよそ

フィリピン航空 40,000円
プリンスプラザⅡコンドテル 20,000円

程度の割合です。

フィリピン航空

フィリピン航空はLCCではないため機内食がしっかりついています。

米は異常にまとまりがありますが、僕は全然食べられる味でした。飲み物も当然無料ですし。

さらに、行きの便はついていませんでしたが、帰りの便には映画鑑賞用のモニターもついていました。

プリンスプラザⅡコンドテル

フィリピン・マニラの中心部に位置するマカティにある3つ星ホテル「プリンスプラザⅡコンドテル」に宿泊したのですが、少し期待外れでした。

一番困ったのが部屋にwifiがついていなかったことです。ロビーで全部屋対応のwifiを教えてもらいましたが、結果入れませんでした。

ジムがあったりプールがついていたりしていました。

でも、プールもジムも使用可能時間が6:00-22:00と決まっており、この時間に帰ってくる人はほとんどいないんじゃないかなと思います。

他のフィリピン・マニラのホテルに行ったことがないので比較はできませんが、ここは個人的におすすめしません。

タクシー

フィリピン・マニラのタクシーは日本の5分の1程度で、めちゃめちゃ安いです。移動は全てタクシーを使っても、3,000円を超えることはないです。

ただし、流しのタクシー(ぼったくりタクシー)には注意してください。

流しのタクシーには乗るな

流しのタクシーとは、無登録のタクシーと覚えておいてください。認可されていないため、法外なぼったくり料金を請求される可能性があります。

見分けるポイントはメーターがついているかどうかです。メーターがついていて、数値が0になっていれば問題ありません。

ただ、メータータクシーでも、第一声は通常よりも高い金額を伝えてきます。その際は、「200PHPね」など金額を提示しましょう。あるいは、「Too expensive」等、値段が高いことを伝えましょう。

Fely J’s Kitchen【1日目夜ご飯】

1日目の夜ご飯は、マカティの中心に位置するショッピングモール「グリーンベルト・モール」内にあるレストラン「Fely J’s Kitchen」にあるに行きました。

まずメニューが良くわからない。

このメニュー表、人の写真は要らないから食事の写真を出せよと思いません?

メニュー表の中に「chicken」と書いてあったのでこれを見たので注文したのですが、驚愕です。

この焼き鳥みたいなやつなんなん、と思いました。

でも、味は全体的に満足ですし、カニは抜群に美味しかったです。

1つ1つのメニューのインパクトはすごく、手で食べるメニューも多かったです。結構おすすめです。

Horizon【クラブ】

今回の旅行は数人で行ったのですが、その中の一人の友達がフィリピン・マニラに住んでいたため、事前に情報をいくつか貰っていました。その有益な情報の1つが、地元の人おすすめのクラブ「Horizon」でした。

しかし、行って10分で退出しました。

女性がポールダンスをして、それを見ながら女性をキャスティングしてくれるというお店なのですが、ポールダンスをしている女性がとにかくごついです。

骨格的にも、脂肪的にも、まるで女性であることを忘れさせられるくらいのごついインパクトがあります。

ここはおすすめしません。

エドサコンプレックス【夜遊び】

フィリピン・マニラと言えば、やはりゴーゴーバーですね。

ゴーゴーバーとは?

水着等はだけた女性がステージ上に立ち、好きな子を選んで持ち帰るという制度です。

フィリピン・マニラに行くのであれば絶対に行ってほしいスポットですね。世界観が変わります。

料金は12,000円程度なので少し高いですが、是非行って見てほしいです。

エドサコンプレックスの注意点

もし持ち帰った場合(僕はそんなことしないです)、その女性の帰りのタクシー代を請求されます。相場はわからないですが、500PHP程度だと聞いてます。

チップくらいの気持ちで払ってあげてください。

グローバルシティ(フォート・ボニファシオ)【ショッピング】

日本で言う港区のような街並みで、とても近代的できれいなエリアです。バザーみたいなものも行われていました。

グローバルシティエリアはフィリピン内で高級地域の位置づけらしく、エリア近辺には車両制限がかかっており、タクシーなどは入ることができません。

お店がいちいちおしゃれです。

ビルに描かれたデザインもいちいちおしゃれです。

オフィス街なので人通りは少なかったですが、映画館があったりと、誰が来ても遊べる地域だなと思います。

今回ここに来た目的は、フィリピンの銀行の見学も含まれていました。

日本が高度経済成長の時、ゆうちょの金利でさえ10%近くありました。

その状態が今フィリピンで起きており、フィリピンの銀行の金利は10%近くあり、日本の銀行に預ける(0.002%)くらいならフィリピンの銀行に預けたほうが得じゃん、ということで視察に行きました。

フィリピンはまだまだ貧困の差は激しく、空港からホテルまでのルートはスラム街に近い状態で、未開の地がたくさん残されています。

ただ、それだけ伸びしろがあり、高層ビルがバンバン立っていました。これからが楽しみの国ですね。

SMモールオブアジア【ショッピング】

フィリピンにある超巨大ショッピングモールで、780のショップと300の飲食店が並んでいるそうです。

ただ、個人的にフィリピンで買いたいものがなかったので、ほとんど回らずコーヒーとアイスを食べて早々に移動しました。写真もありません。

レッドスパイス(RED SPICE)【2日目夜食事】

カジノで荒稼ぎをしていた中でお腹が空いたので、ディーラーの人にカジノ内でおすすめなレストランを聞いたところ、「レッドスパイス」と言われたので、2日目の夜ご飯はレッドスパイスに決めました。

写真は一切取り忘れたのですが、レッドスパイスはめちゃめちゃ美味いです。

中華料理で料金は1品で2,000PHP(4,000円程度)とフィリピン内のレストランではかなり高額ですが、味は抜群にいいです。何を食べても本当に美味しいです。

コースを頼めば1,000PHP以内に収まりますし、フィリピンで食事をするのであれば、是非オカダマニラ内にある「レッドスパイス」は寄ってほしいです。

オカダマニラ【カジノ】

人生初カジノでしたが、バカラで荒稼ぎをしました。

何よりカジノ必勝法も覚えましたしね。

バカラ必勝法のマーチンゲール法でフィリピン旅行がタダになったとかなってないとかの話

ニノイ・アキノ国際空港内【お土産】

お土産を買い忘れていたので、帰りの空港でお土産を買いました。

空港内のお土産屋は少ないので、ショッピングモールなどで購入するのがお勧めです。

フィリピン旅行の費用まとめ

とにかくフィリピンは物価が安いです。遊び尽くしても30,000円(15,000PHP)あれば十分です。

そして、個人的な意見ですが、女性が楽しめるスポットは少ないのかなと思います。きれいな海は3時間ほど車を走らせないとないですし。

男性はすこぶる楽しめると思います。

ではでは。

Related

優秀なエンジニア募集

現在、ウェブアプリケーション開発・システム開発の案件を多数保有しており、受託案件希望の優秀なエンジニアを随時募集しております。

そのため、受託希望のエンジニアの方は下記LINE@よりご登録頂き、チャットで簡単な自己紹介をお願いいたします。

使用言語等は指定はありませんので、お気軽にご登録ください。

中澤寛の顔写真

中澤 寛

ラクロスで世代別日本代表になり、旅がしたいというただ一心で、就職せずにとりあえず路上で靴磨きの商売を始める。

その後、独学でプログラミングを学び、ウェブアプリケーション・システム開発を受託で請負、200以上の開発に携わる。

【使用言語】 HTLM・CSS / JavaScript / PHP / Python 。