全LCC対応!スーツケース機内持ち込みサイズ徹底検証

旅・食事

「LCCって機内持ち込みに制限あるの?預入できないの?」とあたふたしているあなた、これを読めば全て解決できますよ!

結論から言うと、LCCは荷物の預入に料金が発生します。

そして、当日預入と事前予約預入では2倍以上料金が異なります。

当日1万円近い料金を払わないためにも、しっかり機内持ち込みサイズの規定を把握し、LCCに乗車しましょう。

1.LCC・MCC・FSCとは

そもそもLCCって何ぞや、というところを説明します。

LCCとは

バニラエアの写真

「LCCは安いやつでしょ?」と思われてる方、正解です。正式にはローコストキャリアと言い、格安航空会社を指します。

格安の理由は大きく3つあります。

  • ネット予約による人件費削減
  • 路線の集中によるコスト削減
  • サービスの徹底排除(預入荷物、機内食、エンターテイメント等)

ようは、無駄を徹底排除して価格を下げて運航しているのです。

日本で有名どころは「ピーチ」や「バニラエア」などが日本発のLCCです。ANAが過半数株主ですね。

MCCとは

スカイマークの写真

MCCはミドルコストキャリアと言い、サービスと料金がLCCとFSCの中間に当たる航空会社がMCCです。

国内線のみ飛んでおり、時期によってはLCCと同等の料金になる時もあります。

有名どころはスターフライヤー、ソラシドエア、エアドゥなどです。

MCCは購入が早ければ早いほど、航空券が安くなります。そのため、乗ると決まっているのであれば早めに購入してください。

FSCとは

ANAの写真

FSCはフルサービスキャリアの略で、日本で有名なANAやJALがこれにあたります。

とにかくサービスが圧倒的で、航空会社格付け会社「SKYTRAX(スカイトラックス)社」の格付けランクで2部門で世界一位を受賞しているほど、世界的にも認められたサービスを誇ります。

また、5段階評価の「エアライン・スター・ランキング」では、4年連続で5つ星評価を得ているので、文句のつけどころがないサービス力です。

その分、LCCやMCCと比べると航空券の値段はかなり高いです。

2.LCCってちゃんと飛んでるの?

セブパシフィックの写真

格安航空会社の一番気になるところですよね。

これに関して、国土交通省が出しているデータで、c(出発予定時刻15分以内)」、「遅延率(出発予定時刻15分越え)」、「欠航率」に関しての具体的な数字が公表されているので見ていきましょう。

定時運航率 遅延率 欠航率
日本航空(JAL) 92.49% 6.74% 1.43%
全日本空輸(ANA) 89.77% 10.77% 1.20%
日本トランスオーシャン航空 83.47% 11.49% 0.82%
スカイマーク 92.59% 9.75% 0.55%
AIRDO 91.57% 11.39% 1.00%
ソラシドエア 88.62% 10.50% 2.22%
スターフライヤー 91.25% 7.39% 1.58%
Peach・Aviation 80.35% 20.45%% 0.83%
ジェットスター・ジャパン 86.80% 21.53% 1.14%
バニラ・エア 82.55% 13.26% 0.58%
春秋航空日本 84.74% 11.55% 2.38%
平均 90.19% 10.17% 1.24%

これを見ると、やはりLCCは「定時運航率」、「遅延率」、「欠航率」に関して、全てワーストの数字をたたき出しています。

それに比べ、MCCのスカイマークは好成績を収めていますね。

ただ、LCCの「遅延率」や「欠航率」が高い理由は、性能的問題ではなく、「機材操り」といい“使用する機材の準備”によるものなのです。

ANA、JAL、スカイマーク、ピーチ、ジェットスタージャパン、バニラ・エアの「遅延率」についてに見てみます。

天候 機材故障 機材操り その他
JAL 0.16% 0.36% 4.37% 1.87%
ANA 0.09% 0.21% 3.18% 7.30%
スカイマーク 0.19% 0.48% 6.31% 2.76%
Peach Aviation 0.58% 0.55% 16.49% 2.82%
ジェットスター・ジャパン 0.24% 0.43% 6.58% 14.28%
バニラ・エア 0.12% 0.44% 7.45% 5.26%

飛行する際に十分な機材(食事等も)を入れ込むのですが、LCCは空港でのインターバル(滞在時間)がおおよそ30分しかないです。

空港には滞在するだけでお金がかかるため(車の駐車場代のようなイメージ)、LCCはできる限り滞在時間を短くしようと30分としています。

それに乗客の乗り降りが加われば、どうしても遅延率が増すのは仕方ないです。

「飛行機が安物を使っているんでしょ?」と思うかもしれないですが、世界で使われている航空製造会社は「エアバス」と「ボーイング」の2社が独占しており、ピーチ、ジェットスター、バニラ・エアともに「エアバス」を使用しているため、飛行機自体は問題ありません。

なので、性能や機能的な問題ではなく、LCCの構造上仕方ないことなので、LCCを選択するのであれば、それを理解して乗ることをおすすめします。

3.LCCのスーツケース機内持ち込みサイズ早見表

ではでは、そろそろ待ち遠しいであろう「LCCの機内持ち込みサイズ」を徹底検証します。

現時点(2018/3/9)で、日本に離着陸するLCCを網羅しています。

手荷物数 既定重量 既定サイズ
ピーチ 2個 10kg 3辺合計が115cm
バニラ・エア 2個 7kg 3辺合計115cm以内
各辺55cm×40cm×25cm以内
ジェットスタージャパン 2個 7kg 各辺56cm×36cm×23cm
春秋航空日本 2個 5kg 3辺合計115cm以内
56cm×36cm×23cm以内
エアアジアジャパン 2個 7kg 各辺56㎝x36㎝x23㎝以内
香港エクスプレス 2個 7kg(身の回り品は含まれない) 各辺56x36x23cm以内(2つの荷物の合計)
エアプサン 2個 10kg 3辺合計115cm以内
各辺40cm×55cm×20cm以内
無料受託手荷物 20kg
ジンエアー 2個 12kg 3辺合計115cm以内
無料委託手荷物 15kg
チェジュ航空 2個 10kg 3辺合計115cm以内
ティーウェイ航空 2個 10kg 3辺合計115cm以内
各辺55cm×40cm×20cm以内
イースター航空 2個 7kg 3辺合計115cm以内
エアソウル 2個 10kg 各辺55cm×40cm×20cm以内
セブパシフィック航空 2個 7kg 各辺56cm×35cm×20cm以内
タイガーエア 2個 10kg 各辺45cm×38cm×23cm以内

だいぶ疲れました。

結論、下記を守っていれば基本的に大丈夫です。

手荷物数 既定重量 既定サイズ
2個 7kg 3辺合計115cm以内
56cm×36cm×20cm以内

上記の基準に該当しないのは春秋航空日本のみなので、春秋航空日本を利用する場合だけは注意してくださいね。

4.LCCの注意点

LCCは預入荷物が有料なのですが、事前予約預入と当日預入だと2倍以上料金が違います。

事前予約とは、航空会社にもよりますが、おおよそ出発3時間前までに手続きをすれば間に合います。

また、「7kg」と記載がありますが、これは空港にもよりますが、「7.9kg」まで大丈夫なことがほとんどです。

LCCの荷物検査の人はある程度融通利かせてくれます。(その場で中の荷物を来てもらったり、捨てるなど)

まとめ

  • LCCは安全
  • 機内持ち込み重量は「7kg」
  • 機内持ち込みサイズは「3辺合計115cm以内かつ56cm×36cm×20cm以内」

機内持ち込み規定をオーバーし、当日7,000円程度払うことになると少し悲しい気持ちになります。

そして、帰りも払うのか、と思うとさらに悲しくなります。

もし、事前にわかりそうであれば、絶対に事前予約をしておくことをお勧めします。

スーツケースがハードタイプの場合、ほとんどの確率でオーバーしてしまいます。(スーツケースだけで2.5kgとかするので)

それではよい旅を!

中澤 寛
マザーズ上場・200ヵ国を周る・100人チームを作る、人生をかけて本気でチャレンジするブログ。
中澤 寛をフォローする
旅・食事
スポンサーリンク
中澤 寛をフォローする
マザーズ上場・200ヵ国を周る・100人チームを本気で目指すブログ

コメント