融資を受ける際に出てくる責任共有制度とは?

資金調達をしようと色々話を聞いていると、「責任共有制度」という言葉にぶち当たってしまい、せっかくなので調べようと思います。

責任の一部を金融機関に持たせる制度

責任共有制度は2007年から始まった制度で、簡単にいうと「貸し倒れリスクの保証の一部は貸し手が担ってね」という制度です。

金融機関は、貸している金額を全額自分たちで責任をもつ「プロパー融資」と、政府金融機関である信用保証協会が融資の貸し倒れリスクを保証する「保証協会付貸金」の2つの方法で融資を行なっいますが、この中で「保証協会貸付金」に関しては、今までは信用保証協会が全額保証をしていたのですが、責任共有制度によって保証の一部を貸主である金融機関が持つという仕組みになりました。

信用保証協会の中で、2つの方法があり、

2つの責任保証制度について

責任共有制度には、融資の2割を責任共有する「部分保証方式」と、部分保証方式と同額の2割を負担することで、信用保証協会から全額保証が受けられる「負担金方式」があります。

どちらの責任保証制度も、貸主である金融機関はおおよそ2割負担するため、より慎重な融資が行われるようになりました。

まとめ

責任保証制度が始まるまでは、金融機関はリスクゼロで貸し出しを行うことができたため、「保証協会付貸金」による融資はバンバン行われていました。

しかし、責任共有制度が始まったことで、金融機関にも多少のリスクがあることから、審査が厳しくなり、融資を受ける難易度が高くなったことは明らかです。

今の時代、借りたい人にはお金を貸してくれないので、余裕があるうちに、金利1%台でお金を借りておきましょう。

中澤 寛

マザーズ上場・200ヵ国を周る・100人チームを作る、人生をかけて本気でチャレンジするブログ。

中澤 寛をフォローする
経営
スポンサーリンク
中澤 寛をフォローする
最高で最強の人生の楽しみ方

コメント