圧倒的素晴らしい記事を書くためのライティングマニュアル

ライティングに関して正しい知識を持ち、素晴らしい記事を書いてもらうために必要な22の情報をまとめたライティングマニュアルとなっております。

このライティングマニュアルを意識するだけで、他を圧倒する素晴らしい記事ができますので、是非何度も読み直しライティングに挑戦して頂ければと思います。

用語集
検索ユーザー Googleで検索する人
検索キーワード Googleの検索窓で検索された単語
コンテンツ ライティングした記事
上位表示 Googleで検索した際に、検索結果で最初に表示されること

検索ユーザーにとって圧倒的に役立つコンテンツ(記事)を作るための3つの情報整理方法

ライティングをする上で最も重要な考え方が「検索ユーザーにとって圧倒的に役立つコンテンツを作る」ということです。

Googleの基本理念は「検索したユーザーにとって最適なコンテンツを表示させること」であり、検索ユーザーにとって役に立つ情報が載っている記事が検索結果の上位に表示されます。

検索で上位表示させるための圧倒的な役立つコンテンツを作るためには下記3つの情報整理から始まります。

  • STEP1.「検索ユーザー」を明確にする
  • STEP2.検索ユーザーの「課題」を明確にする
  • STEP3.検索ユーザーの課題を解決するための「解決策」を書き出す

STEP1.「検索ユーザー」を明確にする

圧倒的に役立つコンテンツを作るためにまず最初にすべきことは検索キーワードの人物像を明確にすることです。

1つの検索キーワードにつき1つの人物像をイメージして作ることが重要であり、検索ユーザーの人物像が明確であればあるほど素晴らしい記事ができあがります。検索ユーザーの人物像を明確にする工程のことを「ペルソナを設定する」といいます。

例えば「沖縄 観光」というキーワードでは、下記のような人物像が浮かび上がります。

大学生以上の沖縄旅行は初心者で、これから沖縄旅行を検討している。しかし、沖縄に関して知識がないため情報がほしい、そこで検索して沖縄旅行のおすすめ地域などを調べようとしている。

ペルソナ設定では明確にターゲットの絞り込みをすることが重要であり、読み手が「この記事は今の自分にピッタリな情報が載っている」と思えるようにすることが重要です。

広く浅くではなく、狭く深くペルソナを設定しましょう。

検索ユーザーを明確にするために実際にキーワードで検索してみる

検索ユーザーを知る最も簡単で的確な方法は実際に同じキーワードで検索してGoogleが評価している記事を読むことです。

実際にキーワードを検索することで、Googleが評価している記事の内容を把握することができます。例えば、「沖縄 観光」というキーワードで検索すると下記の検索結果が表示されます。

  • 沖縄観光におすすめ!専門家が教える沖縄本島スポット22選
  • 沖縄観光で南国リゾート満喫!エリア別おすすめスポット32選!
  • 沖縄観光はまずはここ!プロが教える沖縄完全ガイド41選!
  • 2019年 沖縄で絶対外せない!おすすめ観光スポット&ランキング│観光・旅行ガイド – ぐるたび
  • 沖縄観光の決定版!沖縄旅行で必見の人気観光地33選!

調べてみてわかったことは、「有名観光スポットが知りたい」ということです。

「沖縄 観光」というキーワードではペルソナの設定はさほど難しくないですが、実際に検索してみると全く異なる人物像が浮かぶ上がることもあるため、最低でも上位表示されている10記事は目を通すようにしましょう。

STEP2.ターゲットの「課題」を明確にする

ペルソナの設定が終わって次にやることはペルソナの課題を明確にしましょう。

Googleで検索をするということは何かしらの解決したい課題があるはずです。先ほどの「沖縄 観光」の課題は下記の通りです。

キーワード 沖縄 観光
課題 有名観光スポットの情報を沢山知りたい。

課題解決方法を考える上でもペルソナ設定の時と同様に実際に同じキーワードで検索し、上位表示されている記事の内容を参考する方法が最適です。

STEP3.ターゲットの課題を解決するための「解決策」を書き出す

最後は解決策を明確にし、書き出す作業です。この解決策を整理すると記事が出来上がる、ということです。

「ターゲット」と「課題」が明確になっていれば「解決策」を考えることは難しくありません。検索ユーザーの立場に立ち、どのような情報があれば検索ユーザーの課題は解決できるのかを書き出すだけです。

「沖縄 観光」であれば、沖縄の有名観光スポットの情報が解決策になりますので、解決策は沖縄の観光スポットの情報をできる限り多く与えることです。

課題の見つけ方も、Googleで検索してみて他の記事を参考にしながら進めることが最適です。

最適な記事を作るための7つのステップ

「ターゲット」「課題」「解決策」が明確になったところでようやくライティングに入ります。

ライティングでは下記の7つのステップを順に踏んで進めていきましょう。

STEP1.構成を決める

解決策を書き出したら、解決策をグループで括り大まかな構成を考えますが、構成を考える上で重要なのが「網羅性」です。

例えば「じゃんけん」について説明する記事を作成するときに、「グー・チョキ」の説明はあるのに、「パー」の説明がないと網羅性に欠けている状態です。

課題を解決するために必要な情報を網羅することが構成を考える上で重要です。

そして必要な情報を網羅して書き出したら、情報のグルーピング作業を行います。「沖縄 観光」であれば観光スポットをエリア別にグループ分けします。

  • 【見出し】
    沖縄南部エリアの観光スポット
    • 【小見出し】
      本島からわずか15分!手つかずの自然が残る離島『水納島』
    • 【小見出し】
    • 【小見出し】
  • 【見出し】
    沖縄中部エリアの観光スポット
    • 【小見出し】
    • 【小見出し】
    • 【小見出し】
  • 【見出し】
    沖縄北部エリアの観光スポット
    • 【小見出し】
    • 【小見出し】
    • 【小見出し】

構成の見出しや小見出しを作る際の4つのルール

構成の見出しの名前を決める上で、下記4つのルールを守りましょう。

  • 見出しは3個〜5個で句読点はできる限り入れない
  • 見出し・小見出しは「疑問形」ではなく「解決策」を書く
    例)「沖縄で絶景の海とは?」→「沖縄で絶景の海『池井ビーチ』
  • 小見出しは”一言”加える
    例)「水納島」→「本島からわずか15分!手つかずの自然が残る離島『水納島』」
  • 見出し、小見出しごとに1つ画像をつける
    ※小見出しは画像が不要な場合があります。

STEP2.タイトルを決める

構成を考えたら、次に最も重要なタイトルを考えます。

タイトルの書き方は検索ユーザーのベネフィットをストレートに表す言葉を選ぶようにしましょう。例えば「沖縄 観光」であれば、「沖縄観光で外せない有名観光スポット22選」等のようなタイトルになります。

タイトルの書き方によってはクリック率が5倍以上も変わるので、タイトル選びは非常に重要です。

タイトルをつける際の3つのルール

タイトルをつける際は、下記3つを意識しましょう。

  • キーワードは必ず先頭につける
    例)「絶対に外せない沖縄観光スポット20選」→「沖縄観光で絶対に外せない観光スポット20選」
  • タイトルは20文字以上~45文字以内にする
  • ベネフィットをストレートに書き出す
    「観光スポット20選」の部分
  • 【タイトル】
    沖縄観光で外せないおすすめ観光スポット22選
  • 【見出し】
    沖縄南部エリアの観光スポット
    • 【小見出し】
      本島からわずか15分!手つかずの自然が残る離島『水納島』
    • 【小見出し】
    • 【小見出し】
  • 【見出し】
    沖縄中部エリアの観光スポット
    • 【小見出し】
    • 【小見出し】
    • 【小見出し】
  • 【見出し】
    沖縄北部エリアの観光スポット
    • 【小見出し】
    • 【小見出し】
    • 【小見出し】

STEP3.説明文を作成

構成、タイトルを考えたら、次に説明文を書きます。

最初の説明文でいかに「自分の課題がこの記事で解決できる」と思わせることが記事を最後まで読んでもらう上で重要であり、「沖縄 観光」というキーワードでは下記のような説明文を入れましょう。

  • 【タイトル】
    沖縄観光で外せないおすすめ観光スポット22選
  • 【説明文】
    日本屈指の観光県でもある沖縄県。海のほかにも、世界遺産の「首里城」「中城城跡」など琉球王国関連の遺跡の数々や本州ではちょっと見られない大自然の絶景、沖縄ならではの水族館や工場見学など、見所満載で楽しみ方もいろいろ。長期休みがとれなくても、スポットやコースをあらかじめ決めておけば1泊2日でも十分に楽しむことができます。また沖縄の日差しは年間を通して強めなので、紫外線対策を忘れずにお出かけください。
  • 【見出し】
    沖縄南部エリアの観光スポット
    • 【小見出し】
      本島からわずか15分!手つかずの自然が残る離島『水納島』
    • 【小見出し】
    • 【小見出し】
  • 【見出し】
    沖縄中部エリアの観光スポット
    • 【小見出し】
    • 【小見出し】
    • 【小見出し】
  • 【見出し】
    沖縄北部エリアの観光スポット
    • 【小見出し】
    • 【小見出し】
    • 【小見出し】

STEP4.本文を書く

ここまできてようやく本文に移ります。

本文のライティングをする上で意識すべきことは「専門性・独自性」です。

ライターの過去の経験や実際にいって感じことが書かれていると、専門性も独自性も高まり、読み手の満足度が高まります。

具体的なライティング方法に関しては、下記3つのポイントを意識しながらライティングを進めていきましょう。

ポイント1.PREP法を使用する

読みやすい記事を書くための最もおすすめの手法が「PREP法」です。

PREPとは「Point」「Reason」「Example」「Point」の頭文字をとった言葉で、プレゼンテーションにおける文章構成方法の1つです。簡潔かつ説得力のある文章を作成する際に用いられます。

Point
結論
私は東京が好きです。
Reason
理由
何故なら東京にはあらゆるものが揃っているからです。
Example
具体例
銀座には高級ブランド品からアメ横といった激安雑貨が並ぶショッピングストリートがあります。上野公園や代々木公園といった大きな公園があり、さらにお台場や東京ジョイポリスといった大人から子供まで遊べるレジャースポットが数多く存在します。
Point
結論
だから、私は東京が好きです。

ポイント2.一文を長くしすぎない

1つの文章を長くしすぎると読み手を疲弊してしまうため、文章はわかりやすく区切ることがおすすめです。

【いい例】

私は沖縄が好きで毎年沖縄に行っています。
特に沖縄北部が好きで、観光客も少ないせいか手つかずの自然が数多く残っております。
空港近くの美ら海SUNビーチよりも透明度が高く、砂浜もサラサラな素敵な海があります。

【悪い例】

私は沖縄が好きで毎年沖縄旅行に行っているのですが、中でも沖縄北部のには観光客が少ないせいか手つかずの自然が数多く残っており、空港近くの美ら海SUNビーチよりも透明度が高く、砂浜もサラサラな素敵な海があります。

ポイント3.代名詞を使わない

「それ」や「あれ」という単語は、読み手にとって何を指している言葉か分かりずらく、読んでいてストレスを感じさせてしまいます。

できる限り代名詞は使わずに、名詞を使用しましょう。

STEP5.まとめを書く

最後に、記事の内容をシンプルに要約したものを書きます。長すぎず、3-6行くらいで納めるのが賢明です。

最後にチェックすべき5つの項目

全て書き終えたら、最後に推敲作業に入ります。

推敲作業は下記の5項目をチェックして、どこか1つでも足りなかったら修正を行いましょう。

  • 説明文がターゲットにとって「自分のことだ!」と思える内容になっているか
  • ターゲットの課題を解決する内容になっているか
  • 課題解決の内容が「網羅性・専門性・独自性」を満たしているか
  • 読み直してわかりにくい箇所、誤字脱字はないか
  • 他の記事と比べて圧倒的に役立つ内容となっているか

以上が「圧倒的素晴らしい記事を書くためのライティングマニュアル」でした。

是非、参考にしながらライティングを行いましょう。

Related

優秀なエンジニア募集

現在、ウェブアプリケーション開発・システム開発の案件を多数保有しており、受託案件希望の優秀なエンジニアを随時募集しております。

そのため、受託希望のエンジニアの方は下記LINE@よりご登録頂き、チャットで簡単な自己紹介をお願いいたします。

使用言語等は指定はありませんので、お気軽にご登録ください。

中澤寛の顔写真

中澤 寛

ラクロスで世代別日本代表になり、旅がしたいというただ一心で、就職せずにとりあえず路上で靴磨きの商売を始める。

その後、独学でプログラミングを学び、ウェブアプリケーション・システム開発を受託で請負、200以上の開発に携わる。

【使用言語】 HTLM・CSS / JavaScript / PHP / Python 。