労働契約と雇用契約の違いとは?言葉の違いで注意すべき点

従業員との契約という意味で、『労働契約』『雇用契約』という言葉があるが、具体的にどのように使い分ければいいかわからない方がほとんどだと思います。

この質問に明確に答えられる人はほとんどいないと思います。

そこで、今回は労働契約と雇用契約の違いについて、法律的側面から違いを明確にしていきます。

1.労働契約も雇用契約も基本的には同じ

契約書へサイン

法律的側面からみると意味合いが大きく異なりますが、従業員を雇う際において違いを明確にする必要はあまりありません。

どちらも従業員が労務を提供し、使用者が賃金を支払うという契約に変わりはありません。

そのため、社内でどのように活用しても問題ないですし、

従業員と労働者と社員の違いは?

ただし、細かく見ていくと法律的側面が異なるため、『雇用契約』という言葉を使用した方がベターです。

今回は労働契約と雇用契約の違いについて明確にするために、バックボーンの法律的側面について触れていきます。

2.実定法上の違い

法律の建物

労働契約と雇用契約の大きな違いは法律的側面で、労働契約は『民法』、雇用契約は『労働基準法』によって定められています。

民法では当事者の契約の自由が尊重されますが、労働基準法は労働者保護の視点が強いのが特徴です。

下記に要点をまとめました。

労働契約 雇用契約
実定法 民法 労働基準法
内容 労務に対して報酬を支払う 指揮命令の労務に対して報酬を支払う

2-1.雇用契約とは

雇用契約は民法で定められています。

民法623条
「雇用は、当事者の一方が相手方に対して労働に従事することを約し、相手方がこれに対してその報酬を与えることを約することによって、その効力を生ずる。」

民法では、「労務に服すること」に対して、「報酬を与えること」という合意が要件となります。

2-2.労働契約とは

労働契約は労働基準法で定められており、多くの場合はこちらを指すことが多いです。

労働契約法第6条(労働契約の成立)
労働契約は、労働者が使用者に使用されて労働し、使用者がこれに対して賃金を支払うことについて、労働者及び使用者が合意することによって成立する。

雇用契約との違いは指揮命令の労務という点です。

3.具体的にどのような場面で違うの?

雇用契約と労働契約の大きな違いは使用者の指揮命令の労務という点だとお伝えしましたが、実際にはどのように違うのでしょうか。

明確な線引きはないですが、主にみられる点は指揮命令の元、労務が行われいるかどうかという点です。

  • 業務内容について具体的な指揮命令を受けているか
  • 勤務場所・勤務時間の制限はあるか
  • 給与所得として源泉徴収されているか
  • 労働保険、社会保険は適用対象か

また、下記の場合は必然的に労働契約となります。

  • 家事使用人として採用する場合
  • 同居親族を専従従業員として採用する場合
家政婦・家事使用人は労働基準法の適用外?適用されない理由 専従者控除とは?親族に給与を支払い年間136万円の節税対策

4.労働契約だと何が違うの?

労働契約は民法が適用されてしまうため、1個人同士の自由なやり取りになってしまいます。

そのため、労働者保護の視点が弱いため、労働者にとって不利な契約を行うことができてしまいます。

労働基準法とは?懲役10年にならないための労働基準法の基礎知識

以上が労働契約と雇用契約の大きな違いになります。

  • 実定法上
  • 民法は契約の自由が尊重され、労働基準法は労働者保護の視点が尊重される
  • 指揮命令の元労務が行われているかどうか

今後は、『雇用契約』という単語を使っていればまず問題ないでしょう。

Related

優秀なエンジニア募集

現在、ウェブアプリケーション開発・システム開発の案件を多数保有しており、受託案件希望の優秀なエンジニアを随時募集しております。

そのため、受託希望のエンジニアの方は下記LINE@よりご登録頂き、チャットで簡単な自己紹介をお願いいたします。

使用言語等は指定はありませんので、お気軽にご登録ください。

中澤寛の顔写真

中澤 寛

ラクロスで世代別日本代表になり、旅がしたいというただ一心で、就職せずにとりあえず路上で靴磨きの商売を始める。

その後、独学でプログラミングを学び、ウェブアプリケーション・システム開発を受託で請負、200以上の開発に携わる。

【使用言語】 HTLM・CSS / JavaScript / PHP / Python 。