夢を現実と勘違いするほど脳みそが錯覚するまでイメージする

雑記

旅んちゅう起業家のなかざわ(@nakazawakan)です。

ここ最近、毎日自分の将来のイメージをしています。2021年8月13日にマザーズ上場しているイメージです。

2018年8月13日、僕が独立を初めて決めたときに買ってもらった青のストライプのスーツで証券取引所へ出向き、10人の最高の仲間たちに囲まれてセレモニーが行われます。

登壇直後、最高の仲間が信じてきてくれたこと、最後までお世話になりっぱなしの親への感謝の想い、この日のためだけに必死に走り続けた自分へ、全てのことが込み上げて、涙を流します。

そして、最高の仲間に見られながら、鐘を一人で鳴らします。

鳴り響く音を聞いて、今を実感して、感謝が込み上げてきます。

セレモニーが終わってからは、多くの友人に「見たよ」と連絡を貰い、親から「よく頑張ったね」と言ってもらえる、そんなイメージです。

そのために今がある、そのために作業をやっている今があると、そう思い込めています。

「あほなこと抜かしてないで、早く夢の立て方を教えろ」と聞こえそうなので、夢の立て方についてお伝えします。

AD

子ども心に立ち返ること

最も大切なことは、純粋な気持ちに戻ることです。

思い返してみてください。子ども頃、想いに素直になって夢を語っていたと思います。

それがいつの間にか、周りの目や、記憶をもとに「自分は無理だ」と、限界を自分で決めていないでしょうか。

動物の中で、未来と過去があるのは人間なんです。悩めるのも、未来にワクワクするもの、人間の特権なんです。

こんな素敵な能力を存分に使わないともったいないです。

大切なのは、子どものように、実現可能性を考慮せずに未来にワクワクすること、自分の想いに素直になることです。

まずは、自分の心に素直になって聞いてみてください。お金とか、時間とか、全ての制限を取っ払った状態で考えることが重要です。

頭の中で妄想する

自分がやりたいことができていたら、次は徹底的に妄想してください。

「世界一周したい」と言うのであれば、

  • 服装は?
  • 家は?
  • 移動手段は?
  • どんなコースで周るの?
  • その時の自分は英語は喋れるの?

等々、実際に行ったくらいできる限り鮮明にイメージすることが大切です。

僕が経営を教わっている人はよくこう言います。

映像になるレベルでイメージする。自分が実際に未来に行って、体験して、今未来から帰ってきてるようなそんな状態。

ここが最も重要で、どれほどイメージを箇条書きできるかで、今後の行動力が変わります。

旅行で例えるとわかりやすいと思います。なんとなく「東京に行きたい」と言う人と、「東京都〇〇区〇〇1-1-1に行きたい」と言う人で、具体的に何をすればいいかの明確レベルが違うと思います。

なので、ここの深堀は非常に重要なので、ひたすら妄想しましょう。

紙に書く

妄想が終わったら、それを箇条書きや絵でイメージを書きましょう。「紙に書く」、ということが重要だそうです。

紙に書く際に、必ずやるべきことが「期限を切る」ことと、「金額を出す」という2点です。

期限を切る

夢に日付をつけてあげてください。

「いつか大きな家に住みたいな」と思っている人は沢山いますが、実際に大きな家に住んでいる人はほとんどいないです。

「いつか」は一生来ないです。「〇月〇日までにやる」と日付を切って下さい。

日付を切ることで、走るスピードが異なります。1年後に100万円必要なのか、1ヶ月後に100万円必要なのか、それによってやることも変わってきます。

期限を切らないと絶対にその夢はやってこないですし、どのくらいのスピードでやればいいかわからないです。

なので、夢に日付をつけましょう。

金額を出す

そして、その夢がいくらお金がかかるかを出して下さい。

金額を出すことで、実際に必要な具体的な収入が出てきます。

夢を具体化するためには「時間」と「お金」、そして「人」が重要です。

その中の「お金」という部分も定量化できるので、定量化してしまいましょう。

ライフプランを作成する

本気でやりたいと思うことを妄想し、紙に書き、金額と時間を出したら、あとは自分のライフプランに当てはめていくだけです。

年間の具体的な支出を書き出し、必要年収を出して、遊びに必要な時間を出したら自分が必要な「お金」と「時間」が明確になります。

そして、年収、月収、月収の売り上げを作るための作業量、といった具合で、日々のtodoまで落とします。

こうすることで、日々のtodoが、未来の自分へリンクするのです。

擦り切れるまで毎日イメージする

そして、計画を立てた後も、何度も何度も自分の未来のイメージをして下さい。

僕の場合は、メディアに必ず週1回は取り上げられて、本を7冊出して、ガンガン仕事をしているイメージです。

最終的には本社100人規模の最高のチームを作ります。

これを毎日イメージし、自分の脳みそを、未来の自分で洗脳してください。

そうすれば、必ず叶う、そう教えられて僕は今ひたすら実行しています。

僕が体現できるように日々精進しますので、是非応援お願いいたします。