利益と所得の違いは「収益・益金」と「費用・損金」の違いを把握すれば解決する

起業・経営

「会計上って何?会計の利益と税務の所得って違うの?」

決算書を作成していると最初に頭を悩ませるのが「会計」と「税務」の違いです。
初めて決算書を作成する方にとっては非常にわかりずらいポイントです。

今回は、初めて決算書を作成する方のために、「会計の利益」と「税務の所得」の違いについてわかりやすく図解で解説していきます。

AD

「会計」と「税務」について図解まとめ

図解のまとめは下記の通りです。

会計税務
目的利害関係者(投資家など)に経営状況を明らかにするためのもの税金を計算するためのもの
作成書類決算書法人税申告書
項目
  • 利益
  • 収益
  • 費用
  • 所得
  • 益金
  • 損金

会計とは投資家などに経営状況を明らかに作るためのお金の計算処理方法で、税務は税務は税金を計算するためのお金の計算処理方法です。

会計と税務の計算処理方法の違いは下記の図解の通りです。

【会計】:利益=収益費用

【税務】:所得=益金損金

【税務】:所得=利益+加算-減算

つまり、会計を計算したのちに、会計と税務の異なる項目を「加算・減算」という形で足し算引き算することで、税務の計算を行うことができます。
会計を算出できれば、会計に過不足分計算することで税務の計算も行うことができるのです。

会計の過不足分である加算・減算を総称して「税務調整項目」と呼び、下記4つに分類されます。

収益
(会計)
益金
(税務)
費用
(会計)
損金
(税務)
加算益金算入×
損金不算入×
減算益金不算入×
損金算入×

加算とは「益金算入」と「損金不算入」を合わせたもの

加算が増えると納税額が増えてしまいます。

「益金参入」と「損金不算入」に該当する項目は下記の通りです。

益金算入損金不算入
  • 未入金の売上
  • 役員への臨時ボーナス
  • 交際費
  • 超過分
  • 法人税・住民税など

加算が存在する理由は「不公平をなくすため」です。

加算の具体例として「交際費」で見てみると、会計上の税務上の費用としては認められるが、損金として計上できる分に関しては上限が決まっています。
上限が決まっている理由は、交際費の損金を上限なく自由に計上できてしまうと所得を抑えるために事業とは全く関係のない豪華な食事をして交際費を作るといった税金対策が可能になってしまうためです。

それでは本来の交際費の意味と異なってしまうため、企業規模ごとに交際費の上限が設定されています。

減算とは「益金不算入」と「損金算入」を合わせたもの

減算が増えると納税額が少なくなるため嬉しい項目です。

「益金不参入」と「損金算入」に該当する項目は下記の通りです。

益金不算入損金算入
  • 剰余金配当
  • 利益配当
  • 投資信託等から受け取る金銭分配
  • 法人税・住民税等の還付金
  • 貸倒損失認定損
  • 欠損金の繰越控除

利益+加算(益金算入+損金不算入)-減算(益金不算入+損金算入)=所得

全ての計算式をまとめてみました。(逆にわかりずらいくなるかもしれません。)

【会計】

  • 利益=収益-費用
  • 収益=益金+益金不算入
  • 費用=損金+損金不算入

【税務】

  • 所得=益金-損金
  • 益金=収益+益金参入
  • 損金=費用+損金算入

【その他】

  • 加算=益金算入+損金不算入
  • 減算=益金不算入+損金算入

会計と税務は表裏一体の関係であり、会計での利益が算出できれば、あとは加算と減算を行うだけで所得を計算しましょう。

なので、決算書を作りたい方は、会計をまずは算出しましょう。