マイニングファームとは?マイニングプールの違いと儲かるかを考察

仮想通貨を得る手段として、取引書から購入する以外に、「マイニング」という方法があります。

マイニングはパソコンの性能と量と環境によって大きく左右され、大規模でマイニングを行うための環境をマイニングファームと言います。

今回は、マイニングファームの基礎知識から、マイニングプールとの違い、またマイニングファームを実際に作ると儲かるのかを、マイニングファーム実践者のブログを参考にしながら考察していきたいと思います。

マイニングファームとは?

マイニングファームはマイニングを行うための施設を指し、例え個人が行うマイニングを行うための施設もマイニングファームと呼びます。細かい定義はないです。

マイニングを行う上で重要なのが、「電気代」と「気温」です。

マイニングはパソコンの性能と量に大きく依存するため、大量の電気代を必要とします。

そのため、電気代が安い地域はマイニングファームを行う上で非常に重要な指標となります。

また、電気を使用するということは、マイニングするパソコンに高負荷がかかるため、パソコン自体に強烈な熱がこもってしまうため、冷却する必要があります。

逆に冷却が必要ないほどの寒い地域では、冷却コストがなくなるため、マイニングファームには最適です。

実際に大規模なマイニングファームを行なっている業者は下記の5つが有名です。

  • コインミント(カナダ)
  • ジェネシスマイニング(アイスランド)
  • ギガワット(アメリカ)
  • 大連マイニングファーム(中国)
  • スイスマイニングファーム(スイス)

マイニングファームとマイニングプールの違い

マイニングファームと勘違いされるケースが多いのが、マイニングプールです。

マイニングプールはマイニングに使用するパソコンの性能をオンライン上で借りることで、大規模なマイニングを行う方法で、個人でもパソコンがあればマイニングプールに参加することができます。

マイニングファームは設備を整えなければいけないのに対し、マイニングプールは第三者のパソコンの性能を間借りするので、比較的簡単に始めることができます。

「マイニングプールやってみたい!」という方は、下記のマイニングプール業者から参加してみてください。初期費用もかかりませんので。

マイニングファーム実践者のブログからマイニングファームが儲かるか考察

実際にマイニングファーム実践者のブログを探したのですが、ほとんど見当たらないです

唯一見つけのが、大学生でマイニングファームを作ったマイナー太郎」さんのブログです。

収支報告をしていますが、電気代とマイニングの収益のみの報告で、ハードの購入費用は記載されていないので、実際の儲けがいくらかは非常にわかりづらいです。

ただ、GMOがマイニングファームを作ったところを見ると、大資本があり、ちゃんと行えばマイニングファームでも儲かる可能性があるということですね。

まとめ

マイニングファームはパソコンの性能と量、さらに環境が非常に重要で、最大手のマイニングファームのほとんどが電気代が安い地域で、かつ寒い地域で行われています。

日本の電気代は世界で見ると平均的で、気温は変化が激しいことから、大規模マイニングファームには適していない地域です。

それでマイニングファームを実践してみたい方は、マイナー太郎さんのブログを参考にし、わからないことは問い合わせてみたらいいと思います。

中澤 寛

マザーズ上場・200ヵ国を周る・100人チームを作る、人生をかけて本気でチャレンジするブログ。

中澤 寛をフォローする
経営
スポンサーリンク
中澤 寛をフォローする
最高で最強の人生の楽しみ方

コメント