HTML・CSS・WordPress(ワードプレス)を3ヶ月勉強したら20万円稼げた話

こんにちは、たびんちゅうプログラマーのカンです。

文系の方で、これからプログラミング言語を覚えようとしている方、朗報です。

パソコンチンパンジーの僕でも、HTML・CSS・Wordpress(ワードプレス)を3ヶ月勉強したら、その翌月から営業を始めたら20万円稼げるようになりました。

「HTMLとCSSって稼げるの?」とか、「Wordpressって本当に稼げるの?」という方、結論20万円はすぐに稼げます。

ちなみに、当時の僕のスペックです。

【 当時のスペック 】

  • 22歳
  • 大学までスポーツしかやってこなかった
  • 社会人経験なし(名刺交換で怒られた経験あり)

大学生まで本当にスポーツしかやってこず、まともな社会人経験もない僕ができたので、恐らく皆さんには簡単だと思います。

それでは、HTML・CSS・Wordpressをどのように勉強し、どのように営業したら稼げたかのお話をします。

誤解のないようにお伝えしておきますが、HTML・CSS・Wordpressはプログラミング言語ではありません。
詳しく知りたい方は、「HTMLとCSSはプログラミング言語じゃないよ!初心者が知らないと恥ずかしい基礎知識」にまとめてありますので、参考にしてください。

HTML・CSS・Wordpressをオンラインプログラミング学習で勉強

オンライン学習

20万円稼ぐためのスキルを学習するための基本的な流れは下記の通りです。

  • 本で流れを俯瞰的に把握する【1週間】
  • オンラインプログラミング学習でスキルを覚える【2週間】
  • 実際にプロダクトを3つ作ってみる【2ヶ月】
  • 後は仕事をしながら覚える

上記の通りに学習すると、たった3ヶ月で20万円稼ぐことができます。

それぞれ詳細をお話しします。

本で流れを俯瞰的に把握する【1週間】

まずは本で基本的な知識を体系的に学びましょう。

物事を正しく正確に早く理解するためには、全体を俯瞰して把握することが大切です。

インターネット上の知識は基本的に正しいのですが、スポットの知識になってしまうので、全体を把握することに向いていません。

逆に本は、情報が網羅されており、体系的に書かれているので、最初の理解のためには役立ちます。

そのため、まずは本を1冊買い、流れを掴むためにざっと読みましょう。

【本のデメリット】

本は体系理解のためには役立ちますが、プログラミングスキルを学ぶという点ではオススメしません。
理由は下記2つです。

  • プログラミング言語はすぐにアップデートされる
  • エラーコードが多々あり、機能がうまく実装されずに挫折する

本の使い方は注意しましょう。

オンラインプログラミング学習でスキルを覚える【2週間】

本で流れを掴んだら、次はオンラインプログラミング学習でスキルを覚えましょう。

オンラインプログラミング学習でオススメのサイトが下記2つです。

この2つを一通り学習すれば、現場で使えるスキルは確実に身につきます。

流れとしては、プロゲートをやってから、ドットインストールがオススメです。

プロゲートは、全てウェブサイト上で実装するので、書いたコードがリアルタイムで反映されるので理解が早いですが、実際のファイルを使用しないため、プログラミングスキル以外のサーバーへのアップロードなどの理解が乏しくなります。

その点、ドットインストールは実際のファイルを使用して、動画で学習できるため、難易度は上がりますがより実践的に学ぶことができます。

上記2つとも、途中まで無料で、後半から有料になります。

有料と言っても、月額1,000円程度で、両方とも1ヶ月で覚えきってしまえば2,000円しかかかりません。

本よりもコスパいいです。

実際にプロダクトを3つ作ってみる【2ヶ月】

本で全体を把握し、オンラインプログラミング学習でスキルを覚えたら、次は自分のサイトを作成しましょう。

上記で覚えた知識を、復習がてら書いていきます。3つほど作れば、だいぶ慣れます。

作る上で、最初のうちはコードは全てコピペではなく手書きで書きましょう。

慣れるまで、実際にコードを書いて理解を深めましょう。

後は仕事をしながら覚える

最も知識が深まるのが、仕事をしながら覚えるということです。

自信がつくまでスキルアップに励む人がいますが、正直無駄です。

仕事として請け負ってしまえば、お金をもらうし、お金を貰うという責任から、高い集中力を発揮してより深く覚えることができます。

最初は安請負でもいいので、仕事として請け負ってスキルを覚えましょう。

20万円稼ぐために必要なのは「コードスキル」よりも「営業スキル」

営業中

ウェブサイト制作で20万円稼ぐようになるためには、HTMLなどの技術よりも営業スキルが重要です。

正直な話、3ヶ月で覚えたスキルは大したことないです。

でも、ウェブサイトの作り方を知らない人にとってみれば、3ヶ月の新米だろうが、5年のベテランだろうが、違いはよくわかりません。

そのため、3ヶ月で20万円稼ぐようになるためには、コードスキルよりも営業スキルも合わせて身につける必要があります。

実際に、僕が行った営業が下記の通りです。

  • 1ヶ月に400件の営業(全てインターネット上)
  • デモサイトを作って提案する

大前提、量は重要なので、1ヶ月に400件程度営業しましょう。

ほとんどの人がホームページの必要性を感じていないので、必要な人が見つかるまで営業を続ける必要があります。

そして、業種は絞りましょう。
その理由が、営業するときにデモサイトが必要になるからです。

400件全ての営業にデモサイトをつける

どんなホームページが作れるか、実際に目で見えた方が安心感が増します。

実際に僕がやってみたところ、デモサイトの開封率は20%程度で、そこから成約率は5%くらいなので、成約率はおおよそ1%程度です。

400件の営業は1日平均14件で、「14個もデモサイト作れないよ!」と思うかもしれないですが、ここで業種を同じにする意味が生まれます。

業種が同じであれば、極端な話、タイトルなど必要箇所を変えるだけで、簡単に「オリジナル」のデモサイトを作ることができるのです。

そして、さらにデモサイト作りを効率化するための武器が「Adobe XD」です。

Adobe XDを使えば、1時間でデモサイトのトップページが完成する

HTMLやCSSでデモサイトを作ると3時間程度かかりますが、Adobe XDを使えばたった1時間で完成できます。

直感的に操作方法はわかりますし、「リピートグリッド」という機能を使えば、一覧の情報を瞬時に表示できます。

リピートグリッド

ね、簡単でしょ。

しかも、Adobe XDでできたウェブデザインはURLが発行されて、サイト上で実際に確認することができます。

本当に便利なので、是非活用してください。

20万円稼ぐためのおさらい

最後に、HTML・CSS・Wordpressで20万円稼ぐためのおさらいです。

  • 本で流れを俯瞰的に把握する【1週間】
  • オンラインプログラミング学習でスキルを覚える【2週間】
  • 実際にプロダクトを3つ作ってみる【2ヶ月】
  • 後は仕事をしながら覚える

インプットよりもアウトプットです。

量をこなすことで、質を高めましょう。

Related

優秀なエンジニア募集

現在、ウェブアプリケーション開発・システム開発の案件を多数保有しており、受託案件希望の優秀なエンジニアを随時募集しております。

そのため、受託希望のエンジニアの方は下記LINE@よりご登録頂き、チャットで簡単な自己紹介をお願いいたします。

使用言語等は指定はありませんので、お気軽にご登録ください。

中澤寛の顔写真

中澤 寛

ラクロスで世代別日本代表になり、旅がしたいというただ一心で、就職せずにとりあえず路上で靴磨きの商売を始める。

その後、独学でプログラミングを学び、ウェブアプリケーション・システム開発を受託で請負、200以上の開発に携わる。

【使用言語】 HTLM・CSS / JavaScript / PHP / Python 。