2017年クレジットカードベスト盤!使いやすさと還元率を踏まえたランキング

2017年、クレジットカードは数百種類ととんでもない数の種類が存在しています。情報が溢れかえる中で、『結局どこがいいの?』と思われる方も多いと思います。

今回は、数多あるクレジットカードの中から、『使いやすさ』『還元率』を踏まえ、おススメのクレジットカードをお伝えします。

1.2017年専門家厳選クレジットカードランキング

1-1.特に理由がないなら『オリコカード・ザ・ポイント』

年会費 無料
還元率 1%~3%
ポイント使用方法 オリコモール
こんな人におすすめ とりあえずクレジットカードを持とう、という方

名前に『THE POINT』と入っているように、シンプルにポイントが貯めやすいカードとなっております。年会費永年無料で、還元率1%と高還元率のクレジットカードとなっております。

入会後、6ヵ月間ポイント還元率2%

入会後6ヵ月限定ですが、ポイント還元率が常時2%となります。
※上限5,000オリコポイント

iD(アイディー)、QUICPayが標準搭載

クレジットカードで支払うと、情報取得からパスワード入力と、何かと手間や時間がかかるため、少額決済はためらう方が多いと思います。

しかし、オリコカード・ザ・ポイントであれば、iDとQUICPayが標準搭載されているため、通勤時に使うSUICAのように”ピッ”で決済完了できてしまいます。決済時のクレジットカードの手間が省けるため、ポイントが貯まりやすくなっています。

Amazonを使用すると2%

あまり知られていませんが、オリコのサービスである『オリコモール』経由でAmazonのサイトへ行き、オリコカード・ザ・ポイントで商品を購入すると、なんとポイント還元率が2%になります。入会後6ヵ月の間は3%となります。

少し手間ですが、慣れてしまえば簡単なので、今後ポイントが2倍になることを是非活用したいです。

オリコカード・ザ・ポイント公式ページへ

1-2.使い勝手No.1『P-one Wiz』

年会費 無料
還元率 1%~2.5%
ポイント使用方法 支払い1%オフ
こんな人におすすめ ポイント還元の手間を省きたい方

知名度はあまりないP-one Wizですが、発行会社のポケットカードは東証一部上場の会社で、親会社はファミリーマートと信頼できるカードです。

自動1%オフ

実際、クレジットカードのポイントは自社企業のサービスでしか使えなかったり、ポイント交換作業が必要だったりと、ポイント還元に手間が発生するケースが多々あります。

しかし、このP-one Wizは、なんと自動で支払いを1%オフにしてくれます。つまり、一切の作業が発生せず、支払いから直接1%オフとなるので、ポイント還元の手間がかからず、全てのポイントを有効活用できます。

ポイントの還元等、ややこしいことを考えずに有効活用できるので、手間を考えるととても便利なクレジットカードです。

入会後、3ヵ月間ポイント還元率2.485%

期間限定ですが、ポイント還元率が1%+1.485%で、2.485%となります。

P-one Wiz公式ページへ

1-3.楽天を使用するなら『楽天カード』

年会費 無料
還元率 1%~3%
ポイント使用方法 楽天サービス、コンビニ、ガソリンスタンド
(楽天トラベル、楽天ブックス、楽天オークション等)
こんな人におすすめ 楽天を使う人、投資に興味がある人

皆さんもよく聞くと思いますが、やっぱり楽天カードは素晴らしいです。何が素晴らしいかを具体的にお伝えします。

楽天を使うと常時4%

楽天カードを楽天市場で使用すると、

  • 楽天市場ご利用ポイント – 1%
  • 楽天カードご利用通常ポイント – 1%
  • 楽天カードご利用得点ポイント – 2%

となり、つまり4%もポイントが溜まることになります。50,000円の商品を購入すると、2,000円ポイントが溜まるということです。30年間で、毎月50,000円使うと、なんと720,000円も溜まることになります。4%でもちゃんと使い続ければとんでもない額になりますね。

ポイントを楽天証券で使える

なんと2017年夏頃から、楽天ポイントが楽天証券で使用できることが決定しました。少額100円(100ポイント)から行うことができ、現金で使用することはためらう方でも、+αで溜まったポイントであれば行いやすいかもしれません。

日本では投資は疎遠なものでしたが、今後の日本は自分の身は自分で守るが大原則です。年金がどうなるかわからない今、この仕組みを活用して、投資というものに触れてみるのもいいかもしれませんね。

楽天カード公式ページへ

1-4.ポイント還元率最強クラスの『リクルートカード』

年会費 無料
還元率 0.5%~1.5%
ポイント使用方法 リクルートサービス
(じゃらん、ホットペッパー)
こんな人におすすめ リクルートのサービスを使う方、ポイント還元率を気にする方

大手リクルートホールティングスが発行するリクルートカードは、リクルートのサービスで活用できます。

常時ポイント還元率1.2%

年会費無料で常時1.2%は最高クラスのポイント還元率です。ポイント還元率を気にされる方には是非お勧めのクレジットカードです。

さらに、リクルートのサービスである『じゃらん』、『ホットペッパービューティー』、『ホットペッパーグルメ』などにはさらに+1~3%の還元率がつくので、これらのサービスを使う方には是非お勧めです。

リクルートカード公式ページへ

1-5.SUICAを頻繁に使う方は『ビュースイカカード』

年会費 477円
※前年度1回利用で無料。
還元率 1.2%~2.2%
ポイント使用方法 ギフト券、SUICAチャージ等
こんな人におすすめ 通勤時に電車を使う方

通勤時に役立つ1枚で、上記のカード+ビュースイカカードがおすすめな持ち方です。ポイントの還元は少し手間がかかりますが、SUICAにそのままチャージすることも可能なので、ポイントの使い勝手はよいです。ただし、ポイントの有効期限が2年なのでお気を付けください。

SUICAチャーチや定期券購入時1.5%

通常時は0.5%と低い還元率ですが、SUICAへチャージや、定期券購入時は、なんと1.5%の高還元率のポイントカードとなります。

電車は日常的に使用すると思いますので、是非一枚このカードを持っておくと便利ですね。

オートチャージ機能

SUICAにいちいちチャージするのが煩わしい方には是非活用して頂きたいのですが、ビュースイカカードでは、残高が設定金額以下になると自動的にチャージしてくれる機能があります。都度残高を気にする必要がなくなります。

ビュースイカカード公式ページへ

まとめ

クレジットカードのポイント還元率だけを見ると他にもおすすめのカードはありますが、手間を考えると、上記のクレジットカードを用途によって使い分けるのが一番ベストだと思います。

中澤 寛
マザーズ上場・200ヵ国を周る・100人チームを作る、人生をかけて本気でチャレンジするブログ。
中澤 寛をフォローする
節約・投資術
スポンサーリンク
中澤 寛をフォローする
マザーズ上場・200ヵ国を周る・100人チームを本気で目指すブログ

コメント